ホーム > 売却事例・実績 > 事例・実績詳細

新大塚のラーメン店、譲渡成立!(2014.4)

物件情報

売却成立2014年4月
旧業態ラーメン
所在地文京区大塚
最寄駅東京メトロ丸ノ内線「新大塚」
駅から徒歩8分
面積24坪
設備ラーメン店設備一式

売却詳細

【店舗情報】

飲食店を開こうとして貯めたお金と融資とを合わせて、合計数百万円掛けてスケルトンから立ち上げ、
10年ちょっと営業を続けてきました。

元々出店を希望していたエリアが合ったのですが、賃料が高く当初は断念。でも、今回のお店での成功を
ステップに、念願の場所でお店を開くことを決意し、移転準備を進めていました。

退去する時はスケルトンに戻さなければいけないこともあり、不動産屋指定の解体業者で見積もりを取った
ところ、戻ってくる敷金では払いきれないくらいの金額が提示され、困惑。

他の業者の相見積もりではもっと安くできそうだったのですが、不動産屋は指定業者以外は認められないとの
一点張りです。

そこで他の方法がないものかとネットで色々調べてみたところ、スケルトンに戻さずに次の人に引き渡す、
居抜きという方法がある事を知り、早速相談してみました。

担当の方に居抜き譲渡のシステムの説明を受け、不動産屋に相談を持ちかけたところ、契約書の記載通りにしてもらわなければ困ると言われ、拒否。

困っているのはこっちだよ、と思いつつ、再度居抜き業者の担当に相談したところ、不動産屋に直接交渉してもらえ、最終的には、次回は必ずスケルトンに戻さなければいけないことを特約に含めることを条件として、
不動産屋は黙認。造作については当事者同士でやりとりをして、問題が起こっても不動産屋は関知しない、
ということになりました。

譲渡が可能となったため、早速募集。次回は譲渡ができない、ということに二の足を踏む人もいましたが、
間もなく次の譲渡先も見つかり、今後は移転先の開店のために力を注ぐことができます。

ありがとうございました。

【スタッフコメント】

この度はご依頼頂きありがとうございました。

賃貸借契約上、退去時にはスケルトンに戻すことになっている以上、基本的にはその通りにする義務は
ございます。

ただ、スケルトン費用と次に借りられる方が一から内装を行う費用が無駄になるということを、管理会社様を
通して貸主様に説明をし、最終的には譲渡して頂くことができました。



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生