ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > スケルトン

業態で選ぶ売却ポイント

自由にご自身で考えているお店のイメージを叶える事ができるのが『スケルトン』。
多少割高になってしまうかもしれませんが、その分自分のこだわりを盛り込む事ができるのが大きな魅力です!

現在では、スケルトン物件にすることで売却が難しくなって来ることもございます。適正なボリュームサイズかどうかによって反響に大きく差がでますので、まずは弊社へご相談ください。

スケルトンの高額売却のポイント

賃貸条件

 保証金の額や解約時の償却、解約予告期間などの基本的な契約条項は当然に飲食店経営において重要なチェック項目になります。その他に、内外装の工事費用を貸主借主のどちらが負担するか、看板設置可否などの営業上の条件に関わる付帯的契約条項も出店者の決断を左右する要因です。


ガス容量

 料理人の腕前が確かな場合でも補うことができないのが、ガス容量です。容量をアップさせるには、ガス管の口径を大きなものに交換したり、地下に埋められている配管にまで手を加えることになります。工事代金は借主負担になることもあるので、十分な容量を備えていることで高額での造作売買につながる事もございます。


換気

 スケルトン物件の場合、給気・排気・換気扇・エアコンのバランスを考えた上で内装を考えていく必要があります。バランスが悪いとドアが重くなったり、隙間風に悩まされたり、エアコンの利きが悪くなったりします。


スタッフコメント

スタッフ写真

資金に余裕がある開業者に人気のスケルトン物件!ぜひ当社へご相談ください!

店舗の内装設備を自分の思い描くようにしたいという開業者は多いのは事実ですが、資金の制約から、まずは居抜きから探すという方がほとんどです。売却をお考えの際、早い段階からご相談していただければ選択の幅も広がりますので、解体工事を決める前にまずはお問い合わせください。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生