ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > パン屋・ベーカリー

業態で選ぶ売却ポイント

パン屋の場合、店舗内に調理設備がある場合には、同業態はもちろんの事、洋菓子店などからも注目されます。他にも駅前や商店街、住宅が密集している場所などは、来店が見込めるので状態によっては、良い条件に恵まれるでしょう。また、大きなオーブンや機械などの設備がある店舗は、同業態からも重宝され易いです。

パン屋・ベーカリーの高額売却のポイント

キャパシティ

テイクアウト専門のパン屋の場合、広さはさほど必要ではありませんが、ショーケースでの販売になるのか、セルフ式なのかで変わってきます。ショーケース式ですと同様のテイクアウト業態、セルフ式ですと、イートインスペース付きのテイクアウト業態や、通常の飲食店にも転用が出来るため、譲渡候補が広がります。


クレンリネス

シンプルで清潔なイメージを持たれる様な店舗であれば、他業態からも興味を持って頂きやすいですが、壁紙や店内の老朽化や清潔さに欠ける場合、次の店舗が同業態ですと、敬遠されてしまう可能性があります。好印象で良い取引になるように店内を清潔に保ちましょう。


専門の機械

全て手作りの店舗もありますが、専門の機械があると希望者から脚光を浴びます。専門の機械は、新品を購入すると費用もかかりますし、立地によってはチェーン店からも声がかかるかもしれません。しかし状態が悪ければ、印象も悪くなってしまいますので、中古品と言えど、メンテナンスや清潔さには気を付けましょう。


スタッフコメント

パン屋の居抜き物件は希少性があります。スケルトンに戻す前にご相談下さい。

パン屋・ベーカリーの居抜き物件は、造りによって、様々な可能性を秘めています。販売メインであればテイクアウト業態に、イートインスペースがあればカフェ業態などに生まれ変わります。ただしその場合は、パン作りに必要な専門性の高い厨房機器が、売買の対象から外れる可能性がありますので、別途売却の手続きを取る必要が出てきます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生