ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 和食

業態で選ぶ売却ポイント

和食店の魅力は、なんといっても内装です。和のイメージで使用したい業態は和食店以外にもそばやうどん、居酒屋さんなど幅が広いです。加えて天ぷらや揚げ物をするフライヤーなどの設備も重宝される場合が多いです。立地が良ければ高額契約になる可能性も多いです。

和食の高額売却のポイント

内装

和食店は、言うまでもなく内装が和なので、買い手もコストをなるべく抑えたいことから、そのまま利用する方が多いです。テーブルや椅子、カウンターなど再利用できるものは様々で、魚を扱う和食店の場合、大きな水槽があれば、他にはないアピールポイントになる可能性も。


厨房設備

揚げ物をする時に使用するフライヤーや、麺類を扱うお店では大きな鍋や釜、ガス台などの調理器具は、良い状態であればそのまま使用を希望する人は多いです。故障がないか確認し、清潔を保つように心がけましょう。


立地

人通りが多い好立地な条件ですと、高額で契約に至るケースもあります。立地が良くなくても、静かな隠れ家的な和食店や居酒屋さんなど、買い手のイメージに合えば、スムーズに契約が進む場合が多いです。そばやうどん店でも使用したい場合もあるので、客層や客単価などの情報もリストにしておくと好印象を与えます。


スタッフコメント

和食店の居抜き物件は人気ですが、希少です。ぜひご相談下さい!

和食店の居抜き物件は、シンプルながらもこだわった内装が多く、また転用性が高いこともあり他業種からも人気があります。また個性的なお店も多く、お客様がついている場合も多く、うまく引継ぐことが出来るのであれば、大きなアピールポイントになるでしょう。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生