ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 焼き肉

業態で選ぶ売却ポイント

 焼肉業態は臭いや煙が発生し、また油を多く使用することから、家主様が敬遠しがちな業態です。
それゆえ開業可能な物件が限られているため、開業希望者の数に対し物件が不足しています。そのため
高額売却されるケースも多々あるようです。

 換気は吊り下げ式の局所排気装置と無煙ロースターではそれほど違いはありませんが、無煙ロースターの
方が好まれるようです。それよりも炭を使用する店舗の場合は、ダクト設置の有無が影響します。

 他にも焼肉店で使用する、業務用のガスレンジやガステーブル、全自動石焼機など専門的な厨房器具があり、
状態の良いものであると、査定が有利に働くことがあります。

 ただし、油や臭いや煙のため、内装が傷みやすいため、大掛かりな改装や清掃が必要となると、査定価格に
マイナスに働くことがあります。

焼き肉の高額売却のポイント

クレンリネス

 焼き肉店は排気設備をきちんと備えていても、油汚れや炭火によるすす汚れが付きやすいため、一般の飲食店よりもクレンリネスに神経を使う業態と言えます。開業前に清掃が必要となると、買い手により多くの負担を強いることになるので、注意が必要です。


排気

 焼肉店では、排気をどうするかが重要なポイントとなります。できるだけ油煙が発生する元に近い所にダクトを設置しないと、天井や壁紙だけでなく、机やイス、床まで油でベタベタになってしまいます。排気設備がしっかりしていれば、買い手が見つかりやすくなるでしょう。


水周り

 油を多く使う業態では、排気と共に排水にも気を遣わなければなりません。グリーストラップの設置は言うまでもありませんが、メンテナンスを怠っていると、悪臭がしたり、グリーストラップとしての機能を果たさなくなるので注意が必要です。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気の焼肉業態!ぜひ当社へご相談ください!

においや煙、油が発生しやすいため、出店できるテナントは限られています。また大型の換気ダクトを設置する必要があるなど、初期投資額が大きくなりがちなため、居抜きで物件を探されている開業希望者はかなりいます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生