ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 焼き鳥

業態で選ぶ売却ポイント

 焼鳥屋は焼肉屋と同様に、臭いや煙が発生し、油を多く使用する重飲食業態なので、店内の内装の痛みも
早く、家主様から敬遠されがちです。

 そのため、出店できる物件が限られており、また焼き鳥屋の居抜き物件自体少ないので、出店希望者に対し
物件が不足しており、高額売却されるケースが多々あります。ただし、油を多く使用するため、店内の内装の
痛みも早く、大掛かりな改装・清掃が必要な場合となる場合、多少査定価格に影響が出るケースもあります。

 中華料理店や焼肉屋とは異なり、厨房は最低限冷蔵庫や冷凍庫、そして焼き鳥の焼き台があれば開業可能
ですので、厨房機器で査定額に上下は出にくいですが、良い状態のまま譲渡できればその分価格に反映されるといえます。

焼き鳥の高額売却のポイント

衛生面

 飲食店が衛生面に気を遣うことは当然ですが、炭火を使ったり、油煙が発生するような業態は一層注意を払う必要があります。店内・厨房の清掃はもちろん、排気、排水にも油対策に重点を置いた処理をしていれば、問題はないでしょう。


給排気設備

 店内の換気が上手に行われないと、ニオイや煙がこもるだけでなく、空調の効き具合やドアの開け閉めに影響があります。また業態変更の際、排気ダクトを屋上まで伸ばすことになると足場を組むなど工事費が高くつきます。調理の経験を積んだ出店者であれば、かなり気にかける箇所です。


調理用品

 焼き鳥店は、焼鳥の焼き台を除けば専門的な調理用品が必要ではありませんが、良い状態ですぐにでも営業できる状態で譲渡できるということであれば、買い手も見つかりやすくなると言えるでしょう。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気の焼鳥業態!ぜひ当社へご相談ください!

煙を多く発生させるので、近隣への配慮からオーナーNGのテナントが多く、出店希望者の数に比べ、居抜きで流通する件数は少ない状況です。設備も含めた内外装の状態次第ですが、高価で売却することは十分に考えられます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生