ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > バル

業態で選ぶ売却ポイント

イタリア、スペインなどで軽食喫茶店や酒場のことを指すバルですが、日本でもすっかり定着しています。

フレンチバルや和風バルなど本家から派生したバルも多く、また小スペースの店舗で開店できることや専門的な調理技術が求められることもないため、開店希望者が多い業態です。

回転率や活気付いた店内を演出するために、スペース効率の良いハイチェアーの立ち飲みスタイルをとる店舗が多く、またオーナーの独自のコンセプトに基づく内装が開業希望者のイメージに合うものであれば、改装に掛かる費用が抑えられることにもなるため、スムーズに売却まで進むことが考えられます。

バルの高額売却のポイント

立地

バル業態はすっかり日本に定着しているとはいえ、低価格での飲食の提供となるため、お客様の回転率を上げると共に、集客がキーになります。そのため、集客が見込めそうな立地に位置していると、売却しやすいといえるでしょう。


スペース

元々小スペースで開店できることがバル業態の魅力の一つですので、小さなスペースのお店であっても、お客様が快適に過ごせる席割りとなっていれば、次の開業希望者がスムーズに開業できるため、早期の売却も期待できるかもしれません。


店内イメージ

バルと一言で言っても、本家に近い店内イメージのバルから、和風のバルなど日本で派生したバルもあります。バルという大きな括りでは同じコンセプトでも、開業希望者がどのようなイメージのバルを想定しているか、その想定しているイメージに近い内装のお店であれば、内見から契約まで滞りなく進むことが期待できます。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気のバル業態!ぜひ当社へご相談ください!

バルの開業希望者は今後も増えていくことが予想されます。その反面、まだ需要に供給が追いついていない状況です。立地などのポイントが魅力的な物件であれば、早期の売却も期待できます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生