ホーム > シーンで選ぶ売却ポイント > ミスマッチ

シーンで選ぶ売却ポイント

ミスマッチの高額売却のポイント

まずはサービスの見直しから

いざ、出店してみたものの、立地や客層などが自分達が提供するサービス内容とミスマッチしてしまうことはあると思います。開店時、内装費にお金を掛けてしまった、と言う場合ですとなかなかすぐに閉店や移転の検討がしにくいでしょう。

まずはお店の継続を念頭にサービスやメニューの見直しをしてはいかがでしょうか?


閉店までの計画を立案

もし閉店するにしても、閉店に必要なのは計画性です。契約内容では原状回復とあることが多いため、閉店する側にとっての原状回復費用は大きな負担とも言え ます。ただ、居抜き譲渡で売却金額を手にすることによって、閉店の負担を軽減することが可能になります。

ただし、引継ぎを希望される方がよほど内装を気に入り、そのままで使いたいと言うことでもない限り、開店から日が浅かったとしても、譲渡金額は掛かった内装費用の数分の一にはなってしまいます。同じ金額をかけるなら、一から自分の思い描く内装にしたい、と考えるのが一般的と言えます。


移転先探し

今の場所での改善がどうしても難しい、と言う場合は移転も視野に入れる必要があります。オープンしたばかりですと、すぐに移転の為の資金を用意することは難しいと思いますが、今の店舗を選んだ経緯を思い出し、ミスマッチが発生した原因を押さえ、次回の物件探しに活かせるようにしておきましょう。失敗してしまってはじめて見えてくるものもありますが、同じ轍は踏まないようにしたいものです。


スタッフコメント

店舗エリアのミスマッチ解消は繁盛のカギ!

常連のお客様もついていて、わかる人はわかってくれる、はっきりとした特徴を持つお店。だけど、いまひとつ来客数が伸びない。それはお店とエリアのミスマッチが原因かもしれません。お心当たりの方はご相談ください。まだ発揮していない可能性を引き出すサポートをさせていただきます。


こんなときに便利!?シーン別の売却ポイント



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生