ホーム > シーンで選ぶ売却ポイント > 両親の介護

シーンで選ぶ売却ポイント

両親の介護の高額売却のポイント

早めの決断が重要!

介護の場合、介護と両立して営業を続けるのか、早い段階で売却をし介護の費用や生活資金などの足しにするのかなどの決断が重要になります。繁盛している店舗であれば、従業員に任せるという選択肢もありますが、一人で営業している又は経営難の店舗ですと営業を継続しながら介護と両立していくことは、肉体的にも精神的にも辛いものがあります。ご自身が体調を崩してしまっては元も子もありません。いずれにしても早期に決断する必要があります。


将来を見据える

現在は元気な家族も、病気や加齢によりどうしても介護が必要になってくることが考えられます。ご自身が介護しなければならないと分かった時には、介護に専念するか、営業と両立していくのかを決めることになります。一度閉店してから立て直すのか、事業を縮小、もしくは営業時間を変更するなどの方法もあります。ですが、誰にも相談なしで行えば失敗してしまうリスクもあります。そのリスクを軽減させる為に、事前に相談できる相手の目星をつけておくと良いでしょう。


閉店を決めた場合は?

閉店するにも費用が結構掛かります。賃貸借契約上、借りた時の状態に戻さなければならないことがほとんどですので、原状回復もしくはスケルトン状態にしなければならないということは、内装や造作の廃棄にもお金が掛かってくるでしょう。そこで、居抜き譲渡を検討してみてはいかがでしょうか?良い買い手に当たれば、現状のまま売却することも可能になっていきます。余計な出費を抑えるためにも一度検討してみてはいかがでしょうか?


スタッフコメント

お客様の状況に合わせた店舗売却プランを構築いたします!

長年の夢だった都会での独立、店は徐々に軌道に乗ってきたものの、遠く離れた故郷に残してきた両親が、ここ最近体調を崩してしまい介護が必要になってしまった。面倒をみる兄弟もおらず、自分が世話をするしかない。やむをえない理由でお店を手放さなければならないとき、私どもが力になります。


こんなときに便利!?シーン別の売却ポイント



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生