ホーム > シーンで選ぶ売却ポイント > 体調不良

シーンで選ぶ売却ポイント

体調不良の高額売却のポイント

治療に専念する

朝早くから買出しや仕込み、そして深夜まで営業をするとなると、たとえ間に休憩を挟んでいても体調不良になってしまう方も少なくありません。長期休業や場合によっては廃業も視野に入れなければならない可能性もあります。体調が悪い状態では、満足なサービスが提供できないのではないでしょうか?いち早く復帰する為に、治療に専念することも選択の一つです。


譲渡までのスケジュール

閉店・居抜きで譲渡しようと思い立っても、何事もすべてがスムーズにいくとは限りません。早期の入院が必要であったりすると、必要な手続きが行えなくなってしまうこともあります。

特に体調不良の時には、判断力が鈍ってしまうと言うこともありますので、身内の方にや店舗の管理会社やオーナー様にも相談してみましょう。


事業譲渡

既に後継者となりうる人材が育っているのであれば、内装や造作だけでなく、お店の看板やメニューごと譲ってしまうという選択肢もありえます。

事業譲渡とまで言わずとも、直接の運営を他の方に任せ、自分は休養しながら間接的に運営に関わる事もできるでしょう。この場合であれば、体調回復の暁には、すぐに復帰することもできますね。


スタッフコメント

閉店のご負担を軽減するためのご提案なら当社へお任せください!

夫婦で長らく営んできたお店であれば、閉店しなければいけないのは辛いことです。どちらか一方が欠けては成り立たたないお店は確かにあります。誰にも代わることができない、かけがえのないお店を手放すのは惜しいでしょうが、もし売却されるのであれば負担のない方法を提案させていただきます。


こんなときに便利!?シーン別の売却ポイント



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生