ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > カフェ

業態で選ぶ売却ポイント

 カフェ・喫茶店業態は、駅前立地に限らず利用できる物件が多数あるというのが一つの特徴となって
おります。2000年代頃から様々な特徴をもったカフェ店舗のOPENが相次ぎ、カフェ業態の人気に火を
つけました!!

 古民家を利用してリノベーションした飲食店舗や、『健康』『自然』等のテーマでこだわりのカフェをOPEN
した物件が多い為、売却する際にも、どのぐらい内装に費用をかけているか、また物件のサイズ感もカフェ
業態は、オーナー様の意向によりまちまちな為、売却する際は、大きく反響が分かれてくる事が多いようです。

ただ、油をあまり使わず、煙が出るような料理をすることも少ない業態なので、オーナー様からは好まれることが多く、人通りが見込める立地であれば、早期に売却できる可能性があります。

カフェの高額売却のポイント

エリア

 その土地がもっているイメージと店自体のキャラクターが合わさる相乗効果で、お客様を惹きつけることができます。競合店が集まり激戦区になる場合もある一方、雑貨屋・洋服屋など飲食店以外のお店もその街をかたちづくります。あらかじめ対象とする沿線や駅を絞り込んで探す方が多い業態です。


契約条項

 契約条項の中で居抜き物件ならではの注意点といえば、リースについてです。リース契約している設備や厨房機器はリース会社の資産なので、譲渡契約締結後に設備や厨房機器がリースであることがわかった場合、リース会社が没収してしまうというケースが考えられ、売却後に問題となってしまいます。


キャパシティ

 カフェは、大体全体の2割が厨房、8割が客席・ホールに充てられることが一般的です。買い手が、1人、2人、4人、6人、8人用の席を、お客様に快適に過ごしてもらえるスペースを確保しながら割り当てるイメージがわくキャパシティがあると、売却がスムーズに進む可能性が高くなります。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気のカフェ業態!ぜひ当社へご相談ください!

「健康」や「自然」など専門性を強く打ち出したタイプの店を個人で開くことを望む方が多くみられます。ほとんどの方は自身が開く店のイメージと立地のマッチングを重視するため、希望エリアで物件が出ると即決されるケースもよくあります。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生