ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > クラブ キャバクラ

業態で選ぶ売却ポイント

クラブ・キャバクラ業態は開業できる場所に制限があるため、周辺にも同様の業態のお店が集中しやすく、物件数も多いので競合も多く、比較されやすい対象物件となります。その上、利用客の減少などが原因で残念ながら廃業せざる負えない状況になることが多く、売却希望が増えています。

クラブ・キャバクラという業態は、風俗営業許可が必要なため、開業時には下りた許可がその後に公園や,病院などができたため売却時に許可が下りないこともあります。この場合、転用の難しい内装や設備の店舗ですと売却が難しくなってしまいます。

売却を成功させるには、どの業態でも言えることですが、普段から清掃が行き届いていることできれいな状態を保っていることが挙げられます。他にも、カウンターや客席のレイアウトなどが内見希望者のイメージに合っているなどの要素があると、売却がスムーズに成立します。

また、クラブ・キャバクラは投資の対象となることもあり、同業他社様だけでなく、投資家様が購入されることもあります。

クラブ キャバクラの高額売却のポイント

室内装飾

 クラブ・キャバクラ業態は、独特の室内装飾になっているため、そのまま他業種への転用は難しいです。しかし次の借り手のイメージ合う装飾となっていて、追加の内装費用が掛からずに済むということになれば、契約に結びつきやすくなるでしょう。


場所

 クラブ・キャバクラ業態は、同じエリアや同じビル内に同業他社が多く店を開いていることが多いため、立地の優位性を発揮することが難しいといえます。その中でもやはり、駅から近い、大通りに面している、など人通りが見込める場所であれば、他のお店よりも有利に話を進めることが可能です。


契約内容

 クラブやキャバクラを開くためには様々な届出や許可を得ることが必要となり、今までクラブやキャバクラを営業していた店舗であればそのまま次の借主も同業態を開店できると思われますが、近年取締りが厳しくなっているため、どのような届出や許可が必要かを予め調べておいた方が次の借り手の助けになるでしょう。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気のクラブ キャバクラ業態!ぜひ当社へご相談ください!

クラブ・キャバクラ業態は利用客の減少などで廃業せざるを得ない方がいる一方で、開業できる場所に制限があるため、依然として需要のある業態と言えます。一から内装を行うと費用が高額になるため、状態の良い物件であれば、購入希望者が現れる可能性が高くなるでしょう。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生