ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > セントラルキッチン

業態で選ぶ売却ポイント

セントラルキッチンは集中調理以外にも用途は様々です。店舗内の内装が来客用になっていないので、施設内はシンプルで他業態からも人気です。レストランやカフェ、重飲食可能であれば焼肉など用途は様々です。

難点は、来客を見込んでいないため人通りが少ない場所にある場合が多いと言うことです。駅近くや人通りが多い場所ですと、良い条件で買い手が見つかる場合もあります。

セントラルキッチンの高額売却のポイント

設備

同業態の買い主の場合、最も重要視されるのが調理機器などの設備です。セントラルキッチンは調理がメインですので、故障していたり清潔さに欠けると契約に至らない場合があるので、事前にメンテナンスをしておきましょう。


転用性

セントラルキッチンの場合、厨房設備と立地によっては引く手あまたになるケースもあります。レイアウトの変更により食事をするスペースが確保できれば、カフェやレストランは勿論、居酒屋にも変えることができます。

また、厨房機器はそのまま転用できるので、様々な業種の
開業希望者に興味を持ってもらえる可能性があります。


契約内容

他業態からも買い主を見つけたい場合には、契約内容をしっかり把握しておきましょう。

リースは勿論のこと、セントラルキッチン以外の業態でも使用できる業態をオーナーや管理会社に確認しておけば、重要なアピールポイントになります。店舗が余り広くなく立地が悪くても、デリバリー業態から注目される場合があるので、
事前に調べておきましょう。


スタッフコメント

スタッフ写真

希少なセントラルキッチンの居抜き物件!ぜひ当社へご相談ください!

セントラルキッチン業態は、需要・供給共に小さな業態ではありますが、その分セントラルキッチンを希望される方にとっては垂涎の居抜き物件と言えます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生