ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > バー・ダイニング

業態で選ぶ売却ポイント

 バー経営の現状は厳しいものがあり、若者の酒離れや居酒屋の飲み放題に押されており、廃業を選択する経営者が多いです。そのため賃料の安い場所や、賃料が少々高くても繁華街で集客が見込めそうな小さな店舗での開業が好まれています。他にも競合店が密集している場所も人気があります。密集している地域の方が人の流入量が多く、マーケティング力によっては多くのお客を獲得できるからです。

 また、バーの開業希望者の中には店内のイメージが合っているかを重視する人も多く、カウンターや客席のレイアウトなどによって売却がスムーズに進むケースもあります。

バー・ダイニングの高額売却のポイント

出店地

 バー・ダイニングを出店するときに注目したいのは、競合が密集しているかどうかです。その中で生き残っていくことは大変ではありますが、集客が見込める立地であることが多いので、少々賃料が高くても買い手が現れることがあります。


広さ

 バー・ダイニングを一人で切り盛りしたい方にとっては、余り広くない店舗の方が好まれます。賃料が少し高めの物件でも、集客が望めそうな場所であれば買い手が付く可能性が高くなります。


内装

 お店の個性を表現し居心地の良さを演出するため、スケルトンから内装を手がけたいと考えるものの、開業資金の兼ね合いから居抜きを選択する開業者が多いのが実情です。現状の内装が出店者の感性に近ければ、好意的に取引が進み、無事に契約を終えることにもつながります。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気のバー・ダイニングバー業態!ぜひ当社へご相談ください!

比較的小さめの店舗で、少人数で開店を希望する方が多い業態です。居抜きで譲渡する場合、内装の雰囲気が開業者の感性に近いかどうかが、高値で売却するためには重要とされます。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生