ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 居酒屋

業態で選ぶ売却ポイント

居酒屋業態は、駅前立地に多く存在し、郊外型のロードサイド店は減少傾向にあります。また、居酒屋業態は10年間の飲食店閉店数の中でも、居酒屋業態は減少が少ない統計データもでており、業態的には閉店も開店も多い人気の業態といえます。その為、居抜き物件としては、物件数も多いので競合も多く、比較されやすい対象物件となります。

また、居酒屋業態は、赤ちょうちん系を始め、縄暖簾や小料理店と言ったりと様々な呼び方として存在しており、ノンジャンルになりつつある為、居酒屋の居抜き物件は比較的多く、そして設備機能に関しても、転用しやすい為、居酒屋以外の業態を希望される開業希望者様からも人気がある傾向があります。飲食店開業希望者様のご希望のエリアや坪数に該当する物件、そして厨房設備についてが大きなポイントとして判断されております。

居酒屋の高額売却のポイント

転用性

 居酒屋は料理のジャンルにこだわらず、時代に合わせた人気のメニュー開発をすることが多い為、設備が整っている事が大切です。転用性の高い設備機能をお持ちの物件は、様々なジャンル問わずに内装工事を簡易的にいれるだけで、上手に利用していることが多いのが特徴です。


好立地

 様々な居酒屋FCチェーン店が駅前立地で熾烈な競争をしていたる事があり、駅前の好立地物件として居抜き物件が出ることが多い為、競争も激しいことも事実です。比較的人気の居抜き業種物件となります。


席効率

 居酒屋業態で大事なポイントとして、宴会需要を上手に対応したいものですね。個室の宴会需要等をしっかりと抑えた席数を確保できている物件は、転用する際の融通が効く為、非常にポイントとして高いです。2人用、4人用、6人用、10人以上と効率良く対応できるのが大きな魅力となります。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気の居酒屋業態!ぜひ当社へご相談ください!

居酒屋は、飲食店の経験が比較的短い開業者が出店するケースが多く見られ、新規開業のニーズは多い業態です。大人数で利用されるような大規模な店舗よりも商品や内装でそれぞれの店ごとに個性を出しやすいサイズの店舗が人気です。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生