ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 洋菓子店

業態で選ぶ売却ポイント

洋菓子店の居抜きは、ガラスケースや洋菓子作りに欠かせない専用機器などの設備が売却の時に重視されることが多く、清潔さや機器の状態によって反響が様々です。

広さはテイクアウト専門のお店かカフェスペースがあるかでまちまちですが、同業種の場合には駅近や商店街などの人通りが多い店舗が好まれます。

もし裏路地などの店舗であれば客層や客単価などをアドバイスすると、好印象になると思います。

洋菓子店の高額売却のポイント

出店エリア

地元密着型なのか駅前でのお店なのかで分かれますが、買い主のコンセプトに合えば売買契約までスムーズに進むケースが多いです。裏路地の店舗は集客力に欠けるイメージが多いため、買い手が見つかることが困難になる場合があります。駅から離れている場合、駐車場があるとより良い印象を与えます。


広さ

出店エリアでもお話しましたが、好立地の居抜き物件の場合は小さなテイクアウト専門の洋菓子店でも問題ないと思いますが、立地があまりよくない場合、カフェスペースなどの広さがあると、カフェ業態やレストラン業態からも問い合わせが来やすいです。


清潔さ

洋菓子店に欠かせないのは清潔さです。前の店舗のイメージを引きずりやすい洋菓子店は、特に念入りにしておくのがポイントです。同業種の場合、特別なガラスケースや専用の機器なども、そのまま居抜きで引継ぎたいという方が多いです。初見での第一印象に左右されてしまう場合もあるので早期に売却を決めたい人には重要です。


スタッフコメント

スタッフ写真

希少性の高い、洋菓子店の居抜き物件!ぜひ当社へご相談ください!

洋菓子業態は、業務用の大型のオーブンやミキサーなど特殊な機器を使う為、状態が良く、すぐに営業が開始できる設備が調っていると、売却が早期に決まる可能性が高くなります。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生