ホーム > 業態で選ぶ売却ポイント > 中華

業態で選ぶ売却ポイント

 中華料理業態は重飲食に分類され、油を使用し、臭いや煙が発生する業態なので、家主様から敬遠されがち
です。そのため開業できる物件が限られていることから、開業希望者の需要対し供給が間に合っていない
状況であり、高額で売却されるケースが少なくありません。ただ、油を多く使用することから、店内の
内装の傷みが早いため、大掛かりな改装や清掃が必要となると、査定額に影響が出る可能性があります。

 中華料理業態の高額売却の1番ポイントは、ガス容量の大きさです。容量が足りない場合は管の口径を太く
する工事が、またガス管を引き込んでいない場合は道路からの引き込みが必要となります。店舗のガス容量が
足りる場合は問題ありませんが、足りなくても容量を引き上げることが可能な店舗は、高額での売却・買取
できる可能性が高くなります。

 他にも中華料理に用いられる、業務用のレンジやゆで麺器、ガステーブルなどの設備が揃っており、
メンテナンスも十分に行っているということであれば、高額査定も期待できます。

中華の高額売却のポイント

清潔さ

 契約後に手を加えるとはいえ、基本的にはありのまま活用することを前提としている居抜き物件は、内見時の第一印象が取引に影響を与えることは否めません。日常清掃でキッチンが清潔に保たれているかは厨房機器の寿命にも関わるので、希望金額で売却を目指すなら特に外せないポイントです。


火力

 中華料理には強い火力が必要である、というのは常識となっており、特に炒め物を作る際には欠かせません。元々中華料理店を開いていたのであれば火力の問題はないでしょう。


調理器具

 中華料理店で使われるような、ゆで麺器やガステーブルのような業務用の調理器具が良い状態で備え付けられていることや、細かい調理器具一つ一つがきちんと手入れされてい手、すぐに営業が開始できる状態であると、買い手が見つかりやすくなるでしょう。


スタッフコメント

スタッフ写真

居抜き物件で人気の中華業態!ぜひ当社へご相談ください!

調理に火力の強さが必須のため、物件には大きなガス容量が求められます。炒め物などで油を大量に使うので、厨房機器のメンテナンス状況や店内の清潔さが高価で売却する際の重要なポイントとなります。


飲食店舗 業態ジャンル



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生