ホーム > 居抜き・まるわかり講座 > 個人経営の居抜き店舗が今求められる理由とは?

個人経営の居抜き店舗が今求められる理由とは?


個人経営 飲食店

昨今、居抜きでの開業希望者が急増しています。居抜きはスケルトン物件と比べて安価に開業できることから人気を得ていますが、今まで以上に開業希望者が増えてきているのは、明らかです。そこで、なぜ開業希望者が増えてきているのか迫りたいと思います!

なぜ、個人の飲食開業希望者が増えているのか?

以前までは、フランチャイズチェーン含め開業希望者は少なく、セミナーを開いても参加者が少ないことが多かったそうです。では、なぜ最近増えているのでしょうか?

一つの理由としては、今までの不況の影響で就職口がなかなか増えなかったことにより、自ら開業をするという道が以前よりも現実化してきたことが挙げられます。中には、求職中のアルバイト経験を元に、同じ業種で開業する方もいらっしゃいます。

そして、その方々が試行錯誤を繰り返しながら開業した記録をSNSなどで発信することにより、開業に迷っている方にとっても開業と言う道がより身近に、現実味を帯びて感じられるようになり、サラリーマンをしていた方や主婦など、全く別の世界から飲食業界に飛び込んでくるケースもあります。

加えて、自分のオリジナリティーは大手チェーンに比べて個人の方がアピールしやすい上に、どの飲食業態でも開業に向けた情報が多いので挑戦しやすくなり、飲食店開業者が増えてきたように思えます。

また、昨今では居抜きの専門業者による情報発信も進んでいることもあり、飲食店の居抜き物件を探したいと思った時に、情報が簡単に収集できるようになったことも挙げられます。

個人の飲食店ならでは!大手チェーンにはない魅力とは?

飲食業界に飛び込む上で、最短の道と思われる大手チェーン店でのフランチャイズでの開業ですが、当然メリットもデメリットもあります。

大手チェーン店のメリットとしては、失敗のリスクも少なく、支援やアドバイスをしてもらえることですが、その反面、フランチャイズへの加盟金及び毎月のロイヤリティが発生することや、フランチャイズ提供の経営ノウハウに沿った営業をする必要があるため、自分の個性を活かせないのがデメリットになります。

近年では、自分の個性を活かす飲食店が軒並み開業していますが、その影響もあってか、型にハマるスタイルよりも自分の色でお店を育てたいと思う方が増えてきています。

動物好きを活かせる飲食店や一つの料理に特化したお店、自家栽培や習い事・趣味などを行いながらの店舗など、好きなことと飲食店を組み合わせています。他の業界から飛び込むのであれば、自分の思いが詰まったお店作りがしたいと思われるでしょうし、それが実現できるのが個人の飲食店です。

ブログやツイッター、フェイスブックなどの口コミサイトの影響について考えてみる

新規開業者にとっては、宣伝はかなり難易度が高いです。自分でお店のホームページを立ち上げても訪問者が来なければ意味はありません。駅前でチラシを配ったとしても、効果がある立地とそうでない立地があります。

ですが、現在は情報の流通も激しく、誰しもがブログやツイッター、フェイスブックなどのSNSを利用しています。他にも食べログ・ぐるなび等、飲食店の口コミをメインにしたサイトもかなり増えてきて、認知されにくい場所にある隠れ家的要素が一杯のお店であっても、来店者の一人でも書き込めば、良い宣伝効果になります。書き込みは、良いところだけでなく、悪いところも書かれてしまいますが、それはお客様からの要望の裏返しであると真摯に受け止め、自分の店舗の出来ていないこととして改善するきっかけにもなります。

それを上手に利用して宣伝している開業者の方も多く、ブログやツイッター、フェイスブックに関しては、オーナーや店長などの日常も絡めて、親近感を持たせた上で、宣伝をするという方法で来客を増やしている方も多いです。

もしくはちょっと入りづらいジャンルのお店であっても、お店のコンセプトを含めたしっかりとした情報公開によって客足を呼び込む。そんな効果も見込めます。 SNSは良い面も悪い面もありますが、最も手軽で影響力も強いので、宣伝には持ってこいだと思います。客が客を呼ぶ、まさにそれが露わになる時代です。

開業希望者だけでなく、全体的に個人の飲食店の需要が高まっている!?

このように開業希望者が個性を発揮したいと思っているのと同様に、飲食店を利用するお客様自身も新しいお店を開拓したいと思っている方も増えてきています。

今現在、お客様自身が自分だけのお気に入りのお店を見つけたい、新しい情報を発信したいなどの理由で、ちょっと個性的なお店がブームになっています。そのお客様が、お店の情報をSNSで発信してくれるだけで、中にはグルメ番組で放送されたり、情報誌に載せてもらえたりなどの恩恵を受けられる可能性があります。大手チェーンはその名前自体に宣伝効果がありますが、個人店であればこのような口コミによる影響の大きさを利用しない手はありません。

中には、お店は普通なのに名物店主としてブログにアップしてもらえたり、何てことも。しかし、このようなことができるのは、やはり個人の飲食店でしか出来ないことです。

飲食店経営が難しいことである事。それは確かですが、難しいがゆえに様々な可能性を秘めているとも言えます。その可能性を求め、開業に向けて動き出している人が増えつつあるということは、実現の場である飲食店の居抜き物件の需要も増えつつあると言えます。

飲食店を手放さなくてはならなくなる理由は様々だと思いますが、もし譲渡を検討されるのであれば、この機会を利用してみてはいかがでしょうか?

どうなの!?錦糸町の個人飲食店事情!

弊社の位置する東京都内の人気の下町『墨田区錦糸町界隈』は、都内の中でも個人飲食店が盛り上がる街です。その為、歴史ある老舗飲食店から新しい飲食店などバラエティ豊かです。その上に、味のある居抜き物件も多いので、居抜き物件を利用して開業する方に人気の土地でもあります。飲食店での居抜きも人気ですが、古民家などを利用している方も多いです。

錦糸町界隈は、駅まわりの賑わいと少し離れた落ち着きのある下町風情の二面性があり、加えてスカイツリーや浅草などの観光スポットがあるので、どの業態も問わず、開業しやすい立地です。開業場所に悩んでいる方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

カテゴリー
  • 基礎知識
  • タグ
  • 講座
  •