ホーム > 居抜き・まるわかり講座 > ”居抜き”って、そもそも何?

”居抜き”って、そもそも何?


居抜き 買取

”居抜き”

最近、良く聞くようになった”居抜き”という単語。皆様はその意味をご存知でしょうか?

結論から申し上げますと、”居抜き”とは「以前の借り手が使用していた設備や、壁・天井・壁紙などの造作物が残っている状態の物件」を指します。みなさんも、一度はお目にされたことあるのではないでしょうか?

 ・近所の店が、外見はそのままなのに業態変更していた
 ・「テナント募集」と張り紙があるのに、店の中にテーブルや椅子などが見える
 ・あれ?この店、OPENしたばかりなのに前に来たことある気がする…

そんな風に思ったら、”居抜き”で開業された確立が非常に高いです。また、最近はオフィスビルでも居抜き物件というモノが増えてきて、初期投資を低く抑えたいというスタートアップ企業に、非常に人気が高い物件となっています。

なぜ今、居抜きがブームなの?

それは、『大家』『旧・借主』『新・借主』の三人それぞれにメリットがあるからです。

 ■ 『大家』  のメリット:詳細
 ■ 『旧・借主』のメリット:詳細
 ■ 『新・借主』のメリット:詳細

そもそも、不動産取引はスケルトンで行うのが当たり前でした。借主が自分で内装工事を行い好きなように使用。当然のことながら、退去する場合には自分で解体し、残置物を処分をしてからスケルトンに戻して貸主に返却という流れです。

この中で、スケルトンに戻すための費用をとても負担に思う借主は多く、悩みの種でもありました。まだまだ使える厨房機器なども、中古市場では価格が付きづらく、反対に処分料金を取られるなんていう話も… 。

また、飲食店は開業をするときに多額の投資が必要になります。そのほとんどは、壁や床などの内装と厨房機器が大半を占めていますが、ふと誰かが思ったわけです。「あれ、次も飲食店ならそのままの方が良いんじゃないの?」と。

 ・そのまま空室期間を空けることなく、家賃収入が得られる『大家』
 ・スケルトン工事の費用を抑えることが出来る『旧・借主』
 ・初期投資に関わる費用を抑えることが出来る『新・借主』

取引に関わる全員にメリットがあるということで注目が集まり、今や店舗賃貸の主要な取引の一つとなったのです。

居抜きにも種類がある?

そんな居抜き物件ですが、大きく分けてニ種類の物件があります。

 ▲ 造作譲渡付・居抜き物件

店舗経営をやめようとしている方と、次に借りようとしている方が、直接やり取りをする取引形態です。造作金額が発生する場合が多く、多くの場合はすぐ次の日から営業できるような形での引継のために、無駄な空白期間が空かなくて済むというメリットがあります。また、厨房機器なども前日まで使用していたものなので、壊れているなどのトラブルも少なく、初期投資を抑えて開業したいという開業希望者に非常に人気の取引形態となっています。

 ▲ 現状引渡・居抜き物件

これは前の借主とオーナー様の間の契約は終了していて、スケルトンにせずそのまま出て行った物件などを指します。元々不動産の契約がスケルトン返しという前提があるのは、造作が残っている状態では次の契約者が見つからないというのが根底にあったからなのですが、むしろ今は居抜きを探している借主さんが非常に多く、契約がスピーディーに決まるということもあり、昨今の人気とともにオーナーさんがそのままの退去をOKした物件です。

簡単な説明でしたが、双方にメリット・デメリットも存在するので、自分の開業プランに合わせた物件を選ぶのが非常に重要なポイントです。

まとめ

簡単に全容だけ説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 まだまだ奥深い”居抜き”の世界… その魅力をもっとお伝えできるように、これからも頑張ります!

この記事を書いたスタッフ

 新井 健太郎

カテゴリー:
タグ:
2015年3月31日

|     一覧へ     | »
カテゴリー
  • 基礎知識
  • タグ
  • 講座
  •