ホーム > シーンで選ぶ売却ポイント > 区画整理・建替え

シーンで選ぶ売却ポイント

区画整理・建替えの高額売却のポイント

移転先を決める

移転をして、事業を続けるにも移転先の改装費用など、何かと費用が必要になります。区画整理や建て替えの場合は、数ヶ月~数年間の余裕があるものの、通知があれば退去に向けて動き出さなければなりません。移転の為の資金繰りはもちろん、移転先も見つける必要があります。お客さんが付いている場合は、できるだけ近隣の空き物件を探したいところです。


退去までの手続き

退去の際はスケルトンにまで戻す必要が無いものの、それなりに費用がかかる為、なるべく無駄な出費は抑えたいところですよね。退去までに何をしなければならないか、費用面・時間面それぞれ計画立てて、スムーズに事が運べるようにしたいです。期日まで余裕があっても、日々の営業に追われているとあっという間に時間が経ってしまい、なかなか予定通りに進みませんので、気をつけましょう。


居抜き譲渡不可

通常の移転であれば、現在の店舗を居抜き状態で売却し、次の店舗への資金の一部に充てることが可能ですが、区画整理・建て替えの場合はそもそも物件自体が無くなってしまう為、居抜き譲渡が出来ません。それでも、店内の什器備品を買取業者に売却したり、移動が出来るものであれば移転先でも使用することで、無駄を省くことが出来ます。


スタッフコメント

居抜きで譲渡は出来ませんが、出来るだけコストを掛けないように

区画整理や建替えを理由に退去をしなければならないケースでは、建物自体がなくなってしまうので居抜き譲渡は出来ません。原状回復の必要がなくなる分負担は軽減されますが、お客さんがついていたりすると、あまり遠くに移転はしたくないですよね。ですので、計画的に移転先探しに時間を割いていく必要があるケースと言えます。


こんなときに便利!?シーン別の売却ポイント



無料相談お申し込み

購入者を
お探しします

売買契約・売却完了
※成果報酬料発生